こんにちは、コインチェック博士です!

コインチェック(coincheck)の口座開設・登録から入金、売買方法までをまとめました。

私自身もそうでしたが、ビットコインやリップルを買いたいと思っても初めはどうすればよいか分からないものです。

ただ、「口座開設の方法」と「売買方法」さえ押さえれば難しいことはありません。

そして、信頼のおけるマネックスグループ傘下に入ったコインチェックから始めるのがベストと言えるでしょう。

今回は私自身も利用しているコインチェックの始め方を解説すると共に、つまずきやすいポイントを分かりやすくご紹介します。

コインチェックの口座開設・登録の流れ

コインチェックで仮想通貨の売買をするには、アカウントを作成する必要があります。

これは、株式における口座開設と同じと思えば分かりやすいかと思います。

アカウントの開設は非常にカンタンですので心配しなくて大丈夫です。

下記では順を追って、1つ1つの作業の流れをご説明していきます!

コインチェックの公式サイトに行く

まずは、コインチェックの公式サイトに行きます。

公式サイトは下記をご確認下さい。
コインチェック

画面に「メールアドレス」と「パスワード」を入力する画面が出てきますので、入力して「アカウント作成」のボタンをクリックします。

コインチェックの口座開設と登録

パスワードは半角の数字と英字を交えて入力しましょう。

「アカウント作成」ボタンを押すと、メールアドレス宛てにメールを送りましたという表示が英語で出ますのでメールを確認しましょう。

メール認証を行う

メールアドレス宛てには「Please Confirm Your Email address」という件名でメールが届いているはずです。

中を開くと下のような画面になります。(画面は定期的に変わるので参考程度にして下さい)

コインチェックのメール

ここでは、メール内にあるURLをクリックして認証作業を行います。

上の画像で囲ったURLをクリックすると認証が完了し、コインチェックのサイトに自動的に移動します。

本人確認書類を提出するまでの流れ

メール認証が完了すると、コインチェックのページに自動で移動します。

このページでは、「本人確認書類を提出する」「各種重要事項を確認する」という項目があります。

まずは、「本人確認書類を提出する」のボタンを押しましょう。

コインチェックの本人確認書類

電話番号認証を行う

本人確認書類の提出をする前に、「電話番号認証」を求める画面が出てきます。

コインチェックの電話番号

まずは、入力フォームに電話番号を入力します。

次に、自分宛てに送信されたSMS(電話番号宛のテキストメッセージ)に表示されている6桁の番号を入力フォームに入力して下さい。

この作業を行えば、電話番号認証が完了します!

各種重要事項を確認して同意する

日本円を入金する

最後に、上記の「日本円を入金する」のボタンを押すと、「各種重要事項を確認」を求める画面が表示されます。

これらを確認して同意すると、本人確認書類提出の画面に移ることができます。

本人確認書類提出の画面の注意点!

本人確認書類提出の画面では、自分自身の基本的な情報を入力していきます。
この時、下記の赤枠で囲ったIDセルフィーには注意して下さい。

コインチェックのIDセルフィー

IDセルフィーとは、提出する書類と本人が一緒に写っているものをウェブにアップロードすることを指します。

上手に撮れないとやり直しになるので気をつけましょう。
私自身も何度かやり直しとなってしまいました。

書類と自分がしっかりと収まれば問題ないので、工夫してみましょう。

本人確認書類を提出したら登録完了!後はハガキを待つだけ

本人確認書類を提出したら、基本的に必要な作業は完了となります。

ここまでお疲れ様でした。

コインチェックでは、送付されてくるハガキを受け取って初めてアカウントの開設が完了となります。3営業日以上かかるので注意して下さい。

数日後にハガキが送られてきますので、しっかりと受け取る様にしましょう。

コインチェックへの入金方法

無事にアカウントを開設できたら、まずは取引するために入金を行いましょう。

入金には手数料がかかるので、ある程度まとめて入れておくことがおすすめです。

コインチェックへの入金方法は主に3つ

コインチェックへの入金は主に「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」の3つがありますので、好きなものを選びましょう。

コインチェックの入金方法

左側の赤枠で囲った部分をクリックすれば、入金画面に移動できます。

「日本円を入金」というタブを押すと銀行振込先が表示されます。
「コンビニ入金」「クイック入金」のタブを押すと、同じように入金方法が出ます。

入金手数料の注意点

入金手数料の注意点ですが「コンビニ入金」と「クイック入金」は3万円未満で756円、3万円以上50万円未満でも1,000円かかりますので注意。

入金手数料で損をしないためにも、一度にまとめてお金は入れておきましょう。

銀行振込の場合は無料となっていて、銀行の振込手数料がお客様負担となりますので、時間に余裕がある時は銀行振込がおすすめです。

コインチェックで仮想通貨の買い方

初めてビットコインや仮想通貨を買う時は緊張するものです。

ここでは仮想通貨の中でも代表的なリップル(XRP)の買い方を通じて、コインチェックにおける買い方をご紹介します。

大まかな買い方は、それぞれの仮想通貨も共通しているのでぜひご参考にして下さい。

コインチェックでのリップル(XRP)の買い方

リップルの買い方は、下記の赤枠で囲った「コインを買う」をクリックした後に、青枠で囲ったリップルのロゴをクリックします。

コインチェックのXRPの買い方

後は数量を入力して、購入するのボタンを押せば完了です。
なお、この流れの中で補足事項が1点あるので明記しておきます。

数量の決め方

リップル(XRP)を購入する場合、数量を入力しなければなりません。
この数量については、自分が投資できる金額を「レート」で割れば算出できます。

レートは上記画像の緑枠のところに表示されています。

コインチェックの取引手数料に

コインチェックでは取引時に手数料がかかります。

しかし、そのルールが公開されていないため明確な基準は存在していません。
加えて、仮想通貨の種類によって手数料が異なるので注意しましょう。

ビットコインを除いたアルトコインの手数料は決して安くはありませんので、どちらかというと頻繁に短期売買より長期保有向きと言えるかと思います。

ただ、昨今の仮想通貨の昨今の値上げ幅で考えた場合は、手数料はさほど気にならないと考えることもできます。

コインチェックの口座開設・登録のまとめ

コインチェックの始め方をまとめてきましたが、実際に始めてみると驚くほどスムーズに投資ができます。

初めての場合は緊張するかもしれませんが、口座開設や買い方は、このページを見ながらやれば問題なく完了できます。

ビットコインを始めとする仮想通貨は「投資」という意味合いだけではなく、お金を分散できるというメリットも存在しています。

仮想通貨は現実社会でも普及し始めており、今のうちから慣れておくことは大切です。
コインチェックは非常にカンタンなので、今すぐ始めておくと良いでしょう。

公式サイト

コインチェック

コインチェック

コインチェックの取扱通貨一覧

  1. ビットコイン(BTC)
  2. ビットコインキャッシュ(BCH)
  3. イーサリアム(ETH)
  4. イーサリアムクラシック(ETC)
  5. リップル(XRP)
  6. リスク(LSK)
  7. ネム(XEM)
  8. ライトコイン(LTC)
  9. ファクトム(FCT)
  10. モナコイン(MONA)

国内において仮想通貨の取扱量はとても充実しています。
私自身がコインチェックで投資する最大の理由も、信頼感と取扱通貨の質にあります。

ビットコインを購入するのはもちろん、アルトコイン(ビットコインに代わるコイン)を買う場合に必要不可欠です。

リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)のような材料が豊富な通貨はもちろん、モナコインにいたるまで痒い所に手が届いた通貨構成となっています。